2022年4月27日

今、森林整備事業部は 4月

令和4年度の間伐作業を開始しました。初日の4月9日は例年通り吉田山の“山神さま”の前で安全祈願を行った後、今年は模擬伐倒競技会を開催し、参加メンバーで立木の伐倒方向の正確さを争いました。

2022年4月27日

4月11日 市民の森 春の観察会

2年越しの観察会です。「ヤブサメの鳴き声は高音であるため、年とともに聞き取りにくくなる」との聴力測定の話しで始まり、両角英晴講師(日本野鳥の会)を先頭に歩き始め、観察できた野鳥23種となりました。

2022年4月27日

月例観察会 4月

素晴らしい天気になりました。募集に対し、年間メンバー20名、一日参加6名と応募があり今年度は大盛況です。観察コースは、第一駐車場→頂上コース→頂上(昼食)→裏道→野鳥の小径→南コース→第一駐車場です。

2022年3月28日

今、森林整備事業部は 3月

令和4年度に向けた間伐準備に入りました。例年、茅野市「市民の森」吉田山の狩猟期間明けに、次年度の間伐範囲の現地調査を実施し、茅野市農林課に伐採届を提出しています。今年も、3月16日に調査を実施しました。

2022年3月28日

今、市民の森では!3月

昨年の大雨で崩れた法面2か所、及び深く抉れた散策路の修復状況を確認してきました。私達は過去の教訓に学び、適正な森林整備と観察を通し、森の変化に気づき、見守っていきたいものです。

2022年3月28日

森林文化学習会 3月

10月からの教本は更科功著「美しい生物学講義」発行ダイヤモンド社で、今月は第15章から第17章までを学習しました。抜粋は”第16章 花粉症はなぜ起きる ”です。

2022年3月3日

2月27日 きのこ菌打ち講習会

今回は、コロナ(オミクロン株)の感染が治まらず、菌コマを打ち込んだほだ木を配布するだけになりました。そのため、事前に会員がほだ木に菌コマを打ち込む作業を行いました。

2022年3月2日

今、市民の森では!2月

森林整備で森の中に入ると、散策路からでは見えないものに度々出会います。水の流れを制御しようとした苦労がしのばれる溜池等やその流れに沿うように、湿地には花色の違うクリンソウなども。暖かくなったら是非観察してみましょう。