月例観察会 5月

コムラサキ幼虫探し

~楽しみながら 動植物の生態を観察しませんか~  【森林観察学習部会】

2022.05.17

今回は横河口集合スタートです。今年は参加者が多いので車の台数が多くなります。横河口は雨が降った後は泥濘が深く、立ち往生することもありますので、停める場所を限定し、車の台数を減らす調整をし、駐車方法を工夫して17台停めました。梅雨時は、横河口集合は避けるのがよいようです。
まずは、横河口の川沿いに立つオノエヤナギでコムラサキの幼虫探し。頭上の枝の葉を下から見上げ、幼虫の陰を捜す。虫食いの葉が狙い目です。
しかし、残念ながら、今回は観察できませんでした。
幼虫探しの後は、2班に分かれて、北コースを頂上まで登り昼食。午後は中央コース→(池)→東コース→横川口と回りました。年間を通して一番長いコースになります。
途中のアオダモの多い場所では、アオダモの枝を水につけると蛍光色に染まるという実験をしたので、見られた方はアオダモの印象が残ったと思います。
昼食後は、午前中で帰られる方もいらっしゃるので、班分けせず一緒に行動しました。
今回は、5月にしては寒い日で、蝶も蛾も飛ばず昆虫の観察は余りありませんでしたが、この時期になると散策路は緑にあふれ、気持ちのよい散策になりました。

月例観察会 5月の掲示(PDF:672KB)はこちら

(更新日 : 2022年05月31日)