今、市民の森では!9月

2020.9.15

ベッコウハゴロモ:カメムシ目 ハゴロモ科

この昆虫、蛾に見えませんか?
2018年の8月にこの昆虫を観察して名前を調べようと、蝶・蛾の図鑑を必死に探しましたが、見つかりませんでした。
それで2年間、観察記録に不明な昆虫として載せていたのですが、9月の下見後に昆虫図鑑のカメムシ目のページを繰っていたら、その不明だった昆虫がいるではありませんか。
カメムシ目ハゴロモ科の昆虫ベッコウハゴロモだったのです。そう言われてみれば顔はセミに似ています。翅に惑わされて蛾だと思い込んでいました。それに、レアな昆虫と思っていましたが珍しくもなく、幼虫、成虫何れもミカン、クワ、タラノキ、クズ、ヤマイモ、ウツギなどの植物の汁を吸いますので、柑橘類の害虫としての嫌われ者のようです。
写真の影の部分を見てください。光が通ったスジが見えますよね。翅のこの部分は半透明なのです。何のために半透明なのでしょう。
一つ疑問が解けると、また疑問が湧きます。悩みは尽きません。