9月6日 秋の観察会(茅野市共催)

市民の森の秋の草花を楽しむ 

[森林観察学習部会]

日程: 9月6日(日)
場所: 午前 茅野市 市民の森
参加者: 18 名(うちスタッフ2名)

暑い夏が終わり、植物たちは競って色とりどりの花を咲かせ、森を彩る。昔から秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむものと言われているので、今年の秋は、花を愛でるというテーマで観察会を実施することにしました。
講師に白鳥先生をお招きして、軽い散策をしながら広く植物の知識をお話頂き、花言葉など記載した資料を配布し秋の草花を鑑賞して頂けるようにしました。
直前に、茅野市で新型コロナウイルス感染症の感染者が出たため、密を防ぐため講師にハンズフリー拡声器を使用して頂き、参加者には<参加時の注意>を厳守しての実施に対して、参加者に参加の意思を再確認して、実施に臨みました。その確認で、東京との往来がある2名の参加者が自粛キャンセルとなりました。
<参加時の注意>
〇発熱、体調不良の場合は参加を自粛してください。
朝、出発前に検温をし平熱であることを確認ください。
〇必ずマスクをご持参ください。
但し、天候によっては熱中症の危険もありますので、装着は相談させていただきます。
〇実施前14日間はリスクの高い都道府県や新たな感染者があった地域との間の往来は慎重に対応いただくようお願いします。
〇トイレの取手
消毒剤(亜塩素酸ナトリウム)を用意しますので、ご利用ください。
今回は、コロナ禍での開催ということで、茅野だより、市民新聞の取材があり、感染防止対策について説明しました。