月例観察会 8月

~楽しみながら 動植物の生態を観察しませんか~  【森林観察学習部会】

2019.8.20

またまた雨に悩まされました。8月は暑さを考慮して午前中のみのコースとして横河口⇔(東コース)⇔池を予定していましたが、天気がもたず、それも完歩できず、11時頃に終了することになりました。
コースは短めでしたが、その割には、内容は充実していたという皆さんの感想でした。
観察植物では、昨年山頂コースで観察したヤマジノホトトギスと別種のヤマホトトギスが初観察、シデシャジンは2016年以来の観察でした。また、ノリウツギにしては装飾花が多く園芸種を疑いたくなるアジサイの仲間もありました。
雨の合間の貴重な晴れ間だったので、チョウも飛び、写真の他に、大型のカラスアゲハ、オオムラサキも観察しました。オオムラサキは鳥かと間違えるスピードで飛び、「おー、おー」と歓声が上がりました。
下見の時に、市民の森では初観察のヒメヤブラン、ハシカグサなどを見つけていましたが、本番ではそこまで行けず、皆さんでの観察が出来なかったのは残念です。
次回は雨の心配がない秋晴れでありますように。

月例観察会  8月の掲示(PDF:564KB)はこちら