月例観察会 6月

~楽しみながら 動植物の生態を観察しませんか~  【森林観察学習部会】

2019.6.11

一週間前から天気予報は雨続きの真っただ中。5月に続き6月も座学かと覚悟して準備をしていました。しかし、前日に一転し、9時から14時に雨マークが消えました。
当日は太陽も顔を出し、蝶も飛ぶという絶好の観察日和。このような好天を想定せず、昆虫担当のスタッフが昆虫網を用意していませんでしたので、捕虫しての観察は出来ませんでしたが、飛び交う蝶を「アッ、アッ」と目で追い、動体視力検査となりました。
逆に、蝶の飛び方の特徴、止まり方、止まった時の翅の動かし方など、自然な姿の観察に注目できました。
コースは、横河口→砂防提→横河口→せせらぎコース→南コース→池(昼食)→東コース→横川口。歩く距離は3km程。所要時間は5時間で14時に終了しました。夕方から雨になりましたから、幸運な晴れ間だったようです。
今回は、移住して2年というご夫婦が一日参加され、また、自然観察好きの仲間が増えました。

この観察会は自然の中の動植物の観察だけでなく、その動植物観察に右往左往する人間模様も面白いという感想もあります。なるほど、俯瞰してみれば、我々も自然の一部にしか過ぎないですね。

月例観察会  6月の掲示(PDF:639KB)はこちら