,

4月26日 森林整備事業部からのお知らせ

森林整備事業部

森林整備事業部の皆さま

事業部からのお知らせ
令和2年度から森林整備事業部(以下事業部)の事業部長として、川手が担当することになりました。
当初、3月21日の全体会議で、経緯について説明する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の対策のため、  集まっての全体会議が延期となり、文面での連絡となります。
本来、5月の定期総会の承認を受けて山本森林整備事業部長からの役員交代ですが、前述の理由で、先行して、事業部関連の資料作成等を山本様の確認を得て、川手が行って発信することをご容赦願います。
尚、事業部副部長は、継続して、狭川様にお願いすることができました。川手よりも吉田山の間伐経験があり、色々アドバイスを頂きたいと考えています。

1.今年度の事業部間伐作業の開始について(4月14日 第70回理事会時点)
4月17日に全国への緊急事態宣言が発出されたこと、感染の第2波の心配もあり事業部の間伐作業は、前半(7月中旬まで)は中止します。全体会議や間伐作業の開始は、感染拡大状況を判断し、別途連絡します。

2.今年度の間伐エリアの事前調査について
例年、事業部間伐作業前に、森林観察学習部会の協力を頂き、当年の間伐エリアの調査を行っています。
これは、その年の間伐エリアを間伐前に踏査し樹種や地形や搬出等について確認し間伐作業に生かすことです。本作業も、前述の感染症対策に沿って、別途連絡します。

3.間伐作業予定表の配付
別紙で、令和2年度の茅野市「市民の森」吉田山の間伐作業予定日を送付します。
前半は間伐作業を中止します。

4.事務処理関係について
当会への入会や事業部参加等の事務処理は、全体会議の際に行いたいと思います。
尚、事前に、事業部規定やガイドラインの電子媒体での送付を行います。

5.その他
茅野市「市民の森」吉田山は、冬が明けて市道、散策路等にまたがる倒木(危険木)が散見されます。現時点は、吉田山へ入山できますので、危険木等について、環境林整備の観点で、茅野市や「市民の森を創る会」と相談し排除が必要と判断した場合は、事業部員に声を掛けて作業したいと考えています。