10月26日 高原の都市エコフェスタ出展

~ みんなで考え未来につなげよう私たちのまち ~ 【理事会】

日程: 10月26日(土)
場所: 茅野市民館
参加者: 100名ほど スタッフ4名

エコフェスタ2019が市民館で開催されました。今回は参加団体が増えたのか、当会は体験コーナーだけでなく、展示もテラスになりました。
体験は昨年に続き、ヒノキの名札づくりに加え、ブンブンゴマ作りも行いました。

オープニングセレモニーの後、市長が展示全体を回られ,当会の体験コーナーでブンブンゴマの絵付けをしていかれました。また、市長世代の男子の遊びに関して「ブンブンゴマはしなかった。もっぱら駒回しだった」と話されていきました。

体験は、子供だけでなく、大人の参加も多くのべ100名ほどの盛況でした。名札づくりではヒノキをサンドペーパーで削り香を楽しまれている方もいらっしゃいました
展示は、例年の展示の他、ドングリ帽子のストラップを景品に「樹種当てクイズ」を行いました。アカマツ、カラマツ、ヒノキ、ホオノキ、クリ、シラカバの6種の葉と板を用意し、用紙に樹種ごとに回答してもらうものです。
移住してきて「見かける木が分らないから」とトライされるご夫婦などに、ガイドブックの記述などを紹介しながら楽しんでもらいました。
このクイズをしてみて、カラマツは良く話題になりますから皆さん良くご存じと思っていましたが、以外にも葉が分らないという方が多かったのは驚きでした。余りにも当たり前で見ていない、高くて見られない、ということなのでしょうか。
12時から16時までの短時間でしたが、テラスは寒くスタッフには厚着してきてもらいましたが、最後は震えが来るほどでした。本当にご苦労様でした。

 オープニングセレモニー

 クラフト体験

 展示