5月19日 講演会(定期総会)

~森林の土砂災害抑制効果を考える   [理事会]

日 時  5月19日(日) 午後3時 ~ 午後5時
場 所  ゆいわーく茅野 集会室
内 容  演題  森林の土砂災害抑制効果を考える
講師   平松晋也氏(信州大学農学部 教授)
聴講者  47名(うち一般9名)

<講演の流れ>
1.近年の土砂災害事情
2.森林に期待されている機能
3.土砂移動現象の種類とその特徴
4.土壌侵食の発達過程と森林の効果
5.表層崩壊の特徴と発生メカニズム
6.崩壊と森林

<まとめ>
森林にも限界がある!⇒森林だって生き物
自ずと限界があり、決して万能ではない。
・裸地が減少し森林による被覆率が増加しても、限界以上の外力が働くと、崩壊や土石流は発生する!
・樹木根系の伸長深度を超える深さの崩壊に対しては、森林は無力
。特に、水平根が崩壊規模(面積)を拡大したり、鉛直根が崩壊深度を深くするなど斜面の安定性にマイナスに作用する場合もある。
昨今の、尋常でない豪雨に対しては森林の効用の限界を超えている。間伐の有無などの問題を超えているという話は衝撃的だった。