R01年度 事業計画・報告

今、市民の森は!  (R01年度)


この「今、市民の森は!」というタイトルで、事務局だより毎号に連載しています。
本コーナーは事務局だより第2号から、毎回植物の異なる種を選んで計59種紹介しました。
H29年度、H30年度は、昆虫に目を移し計23種紹介しました。
今年度は、その月の市民の森でのトッピクを紹介します。


2019.4.19

今、市民の森だけではなく、どこの林でも、黄色の小さな花がたくさんついた低木が目立ちます。 上の写真はダンコウバイですが、アブラチャンもよく似ています。今回は、その見分け方を少し。

ダンコウバイ

見分け方

市民の森では、沢沿いの湿った地域にアブラチャン、尾根筋にダンコウバイという傾向がみられます。
人家の庭に見かける似た花はサンシュユという木ですから、お間違いなく。


2019.5.8

春、5月初めにワイワイ群れて出ている写真の植物は、ヒトリシズカ(一人静)という名前の植物です。
これが花?と思いますよね。
今回は、この花の構造をちょっと。

ヒトリシズカ

花の構造

雄しべは、花粉を入れる袋状の葯(やく)と葯を支える花糸(かし)という部分でできています。私たちのなじみ深い花は、花糸の先端に葯がありますが、ヒトリシズカは根元にあります。
雌しべは、花糸の根元にあります。
花弁はありませんが、これが花で、子孫が残せます。
なぜ、こんな構造になっているのでしょうね


2019.6.5

オトシブミ

今の季節、コナラの葉先がロート状に丸まっているのを見かけます。よく見ると、葉っぱの切り方、葉先の丸め方みな同じパターン。作者は誰?
こういう時には、文一総合出版「オトシブミ ハンドブック」が役立ちます。

葉の切り方

検索表が載っていてそれに沿って、調べてみます。
「葉の一部でつくられる」→「円錐形」→「裁断線は長短の2本」→ミヤマイクビチョッキリ
犯人の写真は撮れませんでした。次回以降のお楽しみに。

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。