R01年度 事業計画・報告

月例観察会  (R01年度)


毎月1回の、市民の森を散策し、楽しみながら、生態観察をしよう! という会です。
観察結果は、市民の森を散策される方への情報発信と、樹木の名札掛けをします。
今年発行されたガイドブック2「森を楽しむ」も携えて、今年も、各人テーマを持って、「森の楽しみ方」を見つけます。


2019.4.16

市民の森ガイドブック発行を契機に、一般の方にも呼び掛けて開始した月例観察会も、今年で8年目がスタートしました。
当日はとても暖かい日で、成虫越冬したキタテハ、エルタテハなど8種の蝶も飛び、幸先の良い第一回目になりました。しかし、昨年の記録と比較してみると、スミレなど花の開花が1,2週間遅いように感じました。

第一回目のコースは、第一駐車場→(沢沿いの小径)→水車小屋→(頂上コース)→頂上→(中央コース)→池→(南コース)→第一駐車場の予定でしたが、いつものことながら観察に時間がとられ、お昼までに池にはたどり着けず、昼食は頂上広場になりました。

昼食後、陽だまりに輪になり、今年一年お付き合いするメンバーの自己紹介を行いましたが、暖かいせいかのんびり話に華が咲き、またまた予定が狂い、頂上から先へは進まず、同じコースを復習しながら第一駐車場まで戻ることになりました。

年8回の開催では、色々ありますが、臨機応変に楽しめる観察会にしていきたいと思います。

輪になって

ダンコウバイ
ダンコウバイ

フサザクラ
フサザクラ

キタテハ
キタテハ

テングチョウ
テングチョウ

月例観察会  4月の掲示(PDF:665KB) 


2019.5.21

21日は生憎、前日から大雨。午後から止むという予報でしたので、午前中は事務所での座学に切り替え待ちました。しかし、お昼までに晴れませんでしたので、観察は中止にしました。
4月の観察会の時には枯野野原だった森が、5月に入るとあっという間に緑に覆われ、花が咲き、蝶が飛びます。この時期にメンバーに是非観てほしかったので、大変残念です。せめて、写真を見て味わってもらおうという座学です。
ここでは、そのほんの一部を紹介します。
次回6月は、是非晴れてほしいものです。

輪になって

ヒオドシチョウ 5.2
ヒオドシチョウ 5.2

モンキチョウ♀ 5.15
モンキチョウ♀ 5.15

ベニシジミ 5.15
ベニシジミ 5.15

キバネツノトンボ 5.17
キバネツノトンボ 5.17

月例観察会  5月の掲示(PDF:858KB) 


2019.6.11

一週間前から天気予報は雨続きの真っただ中。5月に続き6月も座学かと覚悟して準備をしていました。しかし、前日に一転し、9時から14時に雨マークが消えました。
当日は太陽も顔を出し、蝶も飛ぶという絶好の観察日和。このような好天を想定せず、昆虫担当のスタッフが昆虫網を用意していませんでしたので、捕虫しての観察は出来ませんでしたが、飛び交う蝶を「アッ、アッ」と目で追い、動体視力検査となりました。
逆に、蝶の飛び方の特徴、止まり方、止まった時の翅の動かし方など、自然な姿の観察に注目できました。
コースは、横河口→砂防提→横河口→せせらぎコース→南コース→池(昼食)→東コース→横川口。歩く距離は3km程。所要時間は5時間で14時に終了しました。夕方から雨になりましたから、幸運な晴れ間だったようです。
今回は、移住して2年というご夫婦が一日参加され、また、自然観察好きの仲間が増えました。

この観察会は自然の中の動植物の観察だけでなく、その動植物観察に右往左往する人間模様も面白いという感想もあります。なるほど、俯瞰してみれば、我々も自然の一部にしか過ぎないですね。

輪になって
ゲンゴロウが浮いてくるのを待つメンバー

ニガキ発見
ニガキ発見

ニガキ発見
ニガキの特徴ある雌花

ハンショウヅル
数年ぶりの観察ハンショウヅル

アヤメ
アヤメの季節

ウツギ
ウツギ 花盛り

イチモンジチョウ
イチモンジチョウ

アサギマダラ
今年もアサギマダラの卵

毛虫
おー!毛虫だー!

月例観察会  6月の掲示(PDF:639KB) 


2019.7.16

朝7時、雨が降っています。私は山に住んでいるので、里はどうかと矢崎さんに電話し「雨が降っている」。残念ですが、座学に切り替えました。
今年は2回目の座学なので、もし雨なら「昆虫入門」をテーマの座学にすることにしていました。
ガイドブック2のP38~49「虫を観察しよう」を馬場さん、矢崎さんに解説してもらいました。こんな風にじっくりガイドブックを読んでいくと、「ガイドブックは良く出来ているね」との感想も頂きました。そうです。良く出来ています。皆さんも是非一度、じっくり読んでみてください。
この日に備えて、下見は9日に実施しました。今回のコースは沢沿いの小径を観察し、車に分乗し頂上へ。その後、北コースをキササゲの花を観察し、シナノキの花を観て頂上へ戻る。を予定していました。
キササゲ、シナノキ共に蕾が沢山ついていて、本番では花が楽しめるはずでしたが、残念でした。 下の写真は下見の時に観察したものです。
8月は晴れますように。

ドクダミ(毒溜・毒痛)
ドクダミ(毒溜・毒痛)

ヤマアジサイ(山紫陽花)
ヤマアジサイ(山紫陽花)

ノアザミ(野薊)
ノアザミ(野薊)

サワギク(沢菊)
サワギク(沢菊)

キササゲ(木大角豆)蕾
キササゲ(木大角豆)蕾

シナノキ(科の木)の蕾
シナノキ(科の木)の蕾

スイカズラ(忍冬)
スイカズラ(忍冬)

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

月例観察会  7月の掲示(PDF:736KB) 


2019.8.20

またまた雨に悩まされました。8月は暑さを考慮して午前中のみのコースとして横河口⇔(東コース)⇔池を予定していましたが、天気がもたず、それも完歩できず、11時頃に終了することになりました。
コースは短めでしたが、その割には、内容は充実していたという皆さんの感想でした。
観察植物では、昨年山頂コースで観察したヤマジノホトトギスと別種のヤマホトトギスが初観察、シデシャジンは2016年以来の観察でした。また、ノリウツギにしては装飾花が多く園芸種を疑いたくなるアジサイの仲間もありました。
雨の合間の貴重な晴れ間だったので、チョウも飛び、写真の他に、大型のカラスアゲハ、オオムラサキも観察しました。オオムラサキは鳥かと間違えるスピードで飛び、「おー、おー」と歓声が上がりました。
下見の時に、市民の森では初観察のヒメヤブラン、ハシカグサなどを見つけていましたが、本番ではそこまで行けず、皆さんでの観察が出来なかったのは残念です。
次回は雨の心配がない秋晴れでありますように。

ノリウツギかな?
ノリウツギかな?

ナンバンハコベ
ナンバンハコベ

ヤマホトトギス
ヤマホトトギス

マタタビの実
マタタビの実

ツバメシジミ♂
ツバメシジミ♂

ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ

カマキリの終齢幼虫 
カマキリの終齢幼虫

ジャノメチョウ♂
ジャノメチョウ♂

月例観察会  8月の掲示(PDF:564KB) 

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。