0

R01年度 事業計画・報告

今、森林整備事業部は(R01年度)


この「今、森林整備事業部は」というタイトルで、事務局だより毎号に連載しています。


2019.3.23

森林整備事業部全体会議開催

 3月23日(土)午後1時半より「ゆいわーく茅野」にて、平成31年度森林整備事業部全体会議が、新年度参加希望者28名中16名が出席し行われました。
 内容は下記の通り。

1.

開会の挨拶及び補助金事業体系の変更について

平成29~30年に実施された環境林整備業の「間伐事業」が無くなることになり、新年度から は県単独事業に移行すること。(※1参照)9~30年に実施された環境林整備業の「間伐事業」が無くなることになり、新年度から は県単独事業に移行すること。(※1参照)

2.

役員・担当スタッフ紹介

 部長:山本晴喜
 副部長・安全対策全般:狭川和義、矢崎恵子
 安全対策全般:川手和宏
 新入部員技術指導・重機操作指導:鶴田猛雄
 測量・地図担当:宮坂徳章

3.

事業部の決まりについて

作業実施日や1日の流れ等についての説明。
新年度からの、法制化された禁止事項についての説明。(防護服着用が義務付けられたなど)

4.

施業方法、作業範囲、作業日程について

作業範囲は山頂広場周辺の約7ha。

間伐は択伐で、複層林施業とする。

間伐は「不良木の淘汰」「不用木の除去」を行い、伐倒木の8割以上を玉切りし地面に接地させることが、補助金申請の要件となる。

かかり木などのトラブルが発生した時は、必ず役員に知らせ、その対応に当たること。

原則、伐倒木の個人及び作業日以外の持ち出しは禁止、などの説明。

5.

伐倒技術の相互理解と安全意識の徹底

6.

ヒヤリハット等事例紹介と意見交換

5、6項目につき、雨天時に検討してきた「茅野市市民の森、間伐ガイドライン」の説明及びヒヤリハット2事例に関する考察。

7.

安全講習会報告(*事務局だより1月号参照)
全国林業死亡災害は「かかり木」処理時に多発していること。当会でも本年は「かかり木」が多発したので、その処理に関する禁止事項の確認。

8.

予定エリアの事前調査報告 (※2参照)
山頂広場周辺の状況説明。

補助金

※2

八ヶ岳の見通しきかぬ山頂 アカマツ林 溜池
≪八ヶ岳の見通しきかぬ山頂≫ ≪山頂広場見晴台下アカマツ林と溜池≫

2019.4

いよいよ新年度の森林整備事業部作業が始まりました。今年の作業は山頂広場周辺の間伐で、山頂からの富士山や八ヶ岳の景観を意識した施業となる予定です。

4月になり、折しも作業日直前に降雪があり、事業部始まって以来の雪中行軍となりました。
初日13日は恒例の安全祈願につづき、チルホールを使用して木を目的方向に伐倒する方法の実習。
17日には林業災害で死亡事故が最も多い、かかり木処理についての実習を行いました。

雪中行軍


≪チルホールを使用して木を目的方向に倒す方法≫
①伐倒をしようとしている木の重心はの方向なので、通常の伐倒をすると木はへ倒れます。しかし、そこへ倒すのに支障がある場合、伐倒方向を調整する必要があります。
②周囲を確認し、安全で搬出などに都合の良い方向を決定します。
③伐倒しようとしている木のなるべく高い位置に玉掛けワイヤを取り付けます。
④チルホールを直接伐倒方向に取り付けることは非常に危険です。安全にチルホールを操作できるよう滑車で方向を変え、ワイヤロープを方向へ張ります。
⑤チルホールを操作する人は、チェーンソーで木を伐倒する状況に合わせながら(相互に連携をとりながら)ハンドルを引き、目的方向に木を伐倒します。

目的の方向へ倒す


≪かかり木を安全に処理する方法≫
林業における死亡事故で一番多いのはかかり木処理作業中に発生しています。
 当事業部では、かかり木になったとき、「必ず役員に連絡し処理方法を検討する」等の申し合わせを徹底し、安全に作業ができるよう心がけています。
①手前のアカマツを伐倒するが、方向を間違え後方のアカマツの頭頂部に掛かってしまう。
②伐根部は完全に切り落とされていない状態で、チルホールワイヤを対象木の下部に螺旋状に巻く。
③対象木周辺に人がいないことを確認後、チルホールを操作し、掛かり木を外す。

かかり木

2019.5.25

 5月25日、森林整備事業部への入部を希望している新会員の高浜さんと平林さんが、森林整備作業の見学をしました。
 安全担当・川手さん主導による、チルホールを使用したカラマツの伐倒及び伐倒木処理方法を見学していただきました。(伐倒木の高さの2.5倍以上離れた斜面からの見学)
 当日は全国的に気温が高く、加えて作業現場が急斜面ということもあり、かなり過酷な作業となりました。初めて作業を見学されたお二人はさぞかし事業部への参加に不安を抱かれたのではないでしょうか?

 作業を終え、木陰で昼食をとりながらお話を伺いました。
問:本日作業を見学してのご感想は?
平林さん:想像していたより皆さん大変な作業をされていますね。
高浜さん:体力的に心配ですが?
山本部長:森林整備作業は4月~11月中旬まで、原則毎水・土の週2回行っていますが、参加は各自の都合に合わせ自由です。午前のみ午後のみでもOKです。
高浜さん:マイペースでやらせてもらえるなら大丈夫かな。
と、お二人共、事業部への参加を前向きに考えていただけたようです。
(見学会は午前中でしたが、暑さのため事業部の作業も午前中で打ち切りとなりました。)

頂上へ 昼食風景
作業見学を終え山頂広場へ移動し、木陰で昼食をとる


2019.6

4月からの新年度森林整備作業、毎回現場に赴く度、同じ場所でも、森の風景や空気感が異なります。 現在、昼食は山頂広場で摂っていますが、そこの風景もこの2~3か月で、様々に変化しました。

4/13 雪景色
4/13 雪景色
雪中行軍
5/4 葉桜
雪中行軍
5/11 環水平アーク
雪中行軍
6/8 梅雨入り
ヒアリハット事例

2019.7

今年度から、新人研修に参加された会員で、森林整備事業部(事業部)の活動に興味を持った方々3名に、事業部の間伐作業を、半日見学していただきました。2名の方は、7月初旬に長野県の講習を受講され、後期から事業部の間伐作業に参加予定です。 もう1名も、10月の受講を予定しています。 2名の方、平林さん、高浜さんは、未だ事業部員にはなっていませんが事業部への登竜門の長野県林業総合センター(塩尻)の林業技術者養成講座「伐木造材課程」を受講され、受講結果を高浜さんから報告して頂きます。


伐木造材講習受講報告  高浜文雄(森づくり部会・森林観察学習部会所属)

7月3日~5日に塩尻にある長野県林業総合センターで平林さんと一緒に3日間の伐木造材講習を受講し、無事受講証を頂いてきました。
受講申し込みや、チェーンソーの貸出しなどいろいろサポート頂きありがとうございました。簡単な内容ですが、報告させていただきます。

講習の参加者は29名で年齢は若い方から年配まで幅広い方々でしたが、どちらかといえば年配の方が多かったように思います。なんと若い女性の方も1名参加されていました。
また、森林組合や造園業に携わっている方から我々のような素人まで、チェーンソーの経験レベルも多少ある方からほとんどない方もいてまちまちでした。
講師の方がこれらの参加者のレベル差も踏まえ、気配りをしながら講習を進めてくれましたので、我々のような素人でも問題なくついていけました。

講習の中身は、チェーンソー作業従事に当たっての講義半分、実技半分といったところですが、短い期間ですのでどちらも基本的なことを習い、チェーンソーの扱い、伐木の仕方などをほんの一部ですが実感できたといったところです。
講習と実技の様子です。写真①~⑥ 実技の最後に、自分たちで実際の伐木をします。写真⑦~⑧ そのうちの一本を担当し、私が受け口を切り、平林さんが追い口を切って倒しました。私の受け口が想定の伐倒方向とずれていたので平林さんが補正に苦労されたと思います。その結果は多少想定よりずれましたがまあまあの首尾で倒すことができました。と勝手に思っています。緊張でドキドキものでしたが、倒れる様はすごい迫力で終わってみるとその達成感は何とも言えないものでした。
写真の平林さんの顔にも現れていると思います。写真⑨

これから森林整備事業の作業に参加させていただこうと考えていますが、先輩の皆様との多少の共通言語ぐらいは覚えられたので、実際の場面で右も左もわからずご迷惑をかけっぱなしよりはましになったと思います。そういう意味でもこの講習はとてもよかったと思います。興味をお持ちの方は、ぜひ講習を受けてみてはいかがでしょう。

①講義の教室の様子①講義の教室の様子 ②玉切り時間計測
②玉切り時間計測
③玉切り時間計測結果
ソーチェーン メンテナンスのビフォー・
アフターで玉切りの時間を計測する。

③玉切り時間計測結果
④実技開始3グループに分かれて
④3グループに分かれて実技開始
⑤玉切り練習
⑤玉切り練習
⑥受け口追い口の練習
⑥受け口追い口の練習
⑦グループで伐倒方向検討
⑦グループで伐倒方向検討
⑧追い口切り奮闘中
⑧追い口切り奮闘中
⑨伐倒した平林さん
⑨伐倒した平林さん

2019.8

・8月10日 後半の事業部間伐作業開始

森林整備事業部の後半の作業が10日から始まりました。
今年の暑さは尋常でなく、10日、17日の作業は、午前のみの作業となりました。
作業場所は、吉田山頂上広場の“見晴らし台”の下の南斜面で、アカマツ、カラマツの大径木(当会では、直径30cm以上を大径木としています。)が多い場所です。特に“見晴らし台”から南側の見通しを良くしてほしいとの市民の森を創る会や財産区からの要望で選木したカラマツです。

写真は、当日参加した事業部員全員が一緒に、チルホールの牽引準備をしている所で、このカラマツ大径木が“かかり木”にならないよう、チルホールで引っ張るためです。この斜面の伐倒は、殆どチルホールで牽引し、伐倒方向を確実にしています。

チルホール牽引の準備


・8月22日 林業労働安全衛生講習会に参加して

(諏訪地域振興局林務課 岡谷労働基準監督署開催)
上記講習会に参加しましたので概略を報告します。
1.伐木等の特別教育修了者の補講について<重要>
伐木等に係る特別教育を統合することになり、“補講”が必要になります。
当会事業部員の多くが、長野県林業総合センターで伐木造材技術者養成の安全教育を受けていますので、以下の2.5時間の補講が必要になります。
1)受講すべき補講
 (林業総合センターでの安全教育受講者を対象とすると) 
<学科>
①造材の方法 下肢の切創防止保護衣等の着用  1時間
②安衛法、安衛令及び安衛則中の関係条項  1時間
<実技>
①下肢の切創防止保護衣等の着用   30分
              計 2時間30分
<受講期間>
 令和元年9月~令和2年8月末
2)受講場所
 直近は、10月8日に諏訪地域振興局で実施予定ですが、塩尻の林業総合センターも予定しており(日時を検討中)、別途連絡があります。

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。