0

R01年度 事業計画・報告

今、森林整備事業部は(R01年度)


この「今、森林整備事業部は」というタイトルで、事務局だより毎号に連載しています。


2019.3.23

森林整備事業部全体会議開催

 3月23日(土)午後1時半より「ゆいわーく茅野」にて、平成31年度森林整備事業部全体会議が、新年度参加希望者28名中16名が出席し行われました。
 内容は下記の通り。

1.

開会の挨拶及び補助金事業体系の変更について

平成29~30年に実施された環境林整備業の「間伐事業」が無くなることになり、新年度から は県単独事業に移行すること。(※1参照)9~30年に実施された環境林整備業の「間伐事業」が無くなることになり、新年度から は県単独事業に移行すること。(※1参照)

2.

役員・担当スタッフ紹介

 部長:山本晴喜
 副部長・安全対策全般:狭川和義、矢崎恵子
 安全対策全般:川手和宏
 新入部員技術指導・重機操作指導:鶴田猛雄
 測量・地図担当:宮坂徳章

3.

事業部の決まりについて

作業実施日や1日の流れ等についての説明。
新年度からの、法制化された禁止事項についての説明。(防護服着用が義務付けられたなど)

4.

施業方法、作業範囲、作業日程について

作業範囲は山頂広場周辺の約7ha。

間伐は択伐で、複層林施業とする。

間伐は「不良木の淘汰」「不用木の除去」を行い、伐倒木の8割以上を玉切りし地面に接地させることが、補助金申請の要件となる。

かかり木などのトラブルが発生した時は、必ず役員に知らせ、その対応に当たること。

原則、伐倒木の個人及び作業日以外の持ち出しは禁止、などの説明。

5.

伐倒技術の相互理解と安全意識の徹底

6.

ヒヤリハット等事例紹介と意見交換

5、6項目につき、雨天時に検討してきた「茅野市市民の森、間伐ガイドライン」の説明及びヒヤリハット2事例に関する考察。

7.

安全講習会報告(*事務局だより1月号参照)
全国林業死亡災害は「かかり木」処理時に多発していること。当会でも本年は「かかり木」が多発したので、その処理に関する禁止事項の確認。

8.

予定エリアの事前調査報告 (※2参照)
山頂広場周辺の状況説明。

補助金

※2

八ヶ岳の見通しきかぬ山頂 アカマツ林 溜池
≪八ヶ岳の見通しきかぬ山頂≫ ≪山頂広場見晴台下アカマツ林と溜池≫


2019.4

いよいよ新年度の森林整備事業部作業が始まりました。今年の作業は山頂広場周辺の間伐で、山頂からの富士山や八ヶ岳の景観を意識した施業となる予定です。

4月になり、折しも作業日直前に降雪があり、事業部始まって以来の雪中行軍となりました。
初日13日は恒例の安全祈願につづき、チルホールを使用して木を目的方向に伐倒する方法の実習。
17日には林業災害で死亡事故が最も多い、かかり木処理についての実習を行いました。

雪中行軍


≪チルホールを使用して木を目的方向に倒す方法≫
①伐倒をしようとしている木の重心はの方向なので、通常の伐倒をすると木はへ倒れます。しかし、そこへ倒すのに支障がある場合、伐倒方向を調整する必要があります。
②周囲を確認し、安全で搬出などに都合の良い方向を決定します。
③伐倒しようとしている木のなるべく高い位置に玉掛けワイヤを取り付けます。
④チルホールを直接伐倒方向に取り付けることは非常に危険です。安全にチルホールを操作できるよう滑車で方向を変え、ワイヤロープを方向へ張ります。
⑤チルホールを操作する人は、チェーンソーで木を伐倒する状況に合わせながら(相互に連携をとりながら)ハンドルを引き、目的方向に木を伐倒します。

目的の方向へ倒す


≪かかり木を安全に処理する方法≫
林業における死亡事故で一番多いのはかかり木処理作業中に発生しています。
 当事業部では、かかり木になったとき、「必ず役員に連絡し処理方法を検討する」等の申し合わせを徹底し、安全に作業ができるよう心がけています。
①手前のアカマツを伐倒するが、方向を間違え後方のアカマツの頭頂部に掛かってしまう。
②伐根部は完全に切り落とされていない状態で、チルホールワイヤを対象木の下部に螺旋状に巻く。
③対象木周辺に人がいないことを確認後、チルホールを操作し、掛かり木を外す。

かかり木

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。